プロゲステロンが症状を招く。月経が始まると一気に解消

排卵後、卵巣からはプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増える。これが体内に水分をため込んで、むくみや乳房の張りなどを引き起こすと考えられる。月経が始まるとプロゲステロンの量がガクンと減るので、症状が一気に消失する。