ユニバーシアードからFC東京、日本代表、そして現在所属するV・ファーレン長崎まで、徳永選手の足跡がたどれる応援ユニホームの数々。「家にはこの3倍あります。死ぬときは全部棺桶(かんおけ)に入れてもらいます(笑)」