史緒や萌が働いた“銀座のクラブ”にも潜入取材。「ホステスさんと仲良くなって、ママ抜きで食事にも行きました。大事にしていたシャネルのバッグをナンバー1ホステスさんに踏まれ、マネージャーに相談したら『いつかあなたも踏む人になればいいじゃない』って。力が正義の世界、その話が一番心に残りましたね」。『プライド』第3巻から(C)一条ゆかり/集英社