「私が小説家として自立できたのは、50代になってから」(作家・小手鞠るいさん)。「僕は35年以上、彼女のビッグファンです!」(夫のグレンさん)