「コロナ禍の最初の1年は、不安を抱える社員たちを鼓舞し、彼らが考えたアイデアを少しでもお金につなげたりしながら過ごしてきた感じでした」