今でもふと、考えるのです。もし生まれていたら、あの子はどんな人生を歩んでいたのだろう、と