リスキリング事例のパターン分類。新たなビジネスモデルを作る「攻め」のリスキリングと、既存事業や雇用を守る「守り」のリスキリングがある(ジャパン・リスキリング・イニシアチブの資料を基に編集部で作成)