「今後は、都会で定年を迎える単身生活者に住まいと、生きがいを与えられるような農作業の場をつくりたい。高知県は、物々交換が盛ん。よく家の玄関に食べ物がぶら下がっています。住むにはいいところですよ」(羽澄さん)