写真
酒井順子 さかいじゅんこ
1966年、東京都生まれ。高校在学中から雑誌にコラムを発表。立教大学卒業後、広告会社勤務を経て執筆に専念。2004年に『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞を受賞し「負け犬論争」を呼び起こす。著書に『ユーミンの罪』『地震と独身』『子の無い人生』など多数。最新刊は変わりゆく日本の家族スタイルを論じた『家族終了』(集英社)。