写真
宝槻 泰伸 ほうつき やすのぶ 探究学舎代表
幼少期から「探究心に火がつけば子どもは自ら学び始める」がモットーの型破りな父親の教育を受ける。高校を中退し京都大学に進学。2人の弟も続き「京大3兄弟」となる。大学卒業後起業し、小学・中学・高校・大学・職業訓練校・民間企業など、様々な場所で講師として活動。子どもたちの「もっと知りたい!」「やってみたい!」という探究心に火をつける興味開発型の教育を確立し、2011年に探究学舎を開校。海外からも生徒が集まり、2018年度は年間約3000人が参加。2019年度は約9000人の参加を見込む。家庭では5児の父。