岡部信彦 おかべのぶひこ 川崎市健康安全研究所 所長
写真 1971年東京慈恵会医科大学卒。米国テネシー州バンダービルト大学小児科感染症研究室研究員、WHO西太平洋地域事務局伝染性疾患予防対策課課長、東京慈恵会医科大学小児科助教授、国立感染症研究所感染症情報センターセンター長などを経て2013年より現職。新型インフルエンザ等対策閣僚会議新型インフルエンザ等対策有識者会議会長代理、新型コロナウイルス感染症対策分科会委員。著書に『ウイルスVS人類』(共著、文芸春秋)、『「新型コロナウイルス」―正しく怖がるにはどうすればいいのか―』(共著、扶桑社)など多数