写真
小宮信夫 こみやのぶお
こみや・のぶお 立正大学文学部教授。社会学博士。日本人として初めて英国ケンブリッジ大学大学院犯罪学研究科を修了。国連アジア極東犯罪防止研修所、法務省法務総合研究所などを経て現職。「地域安全マップ」の考案者。警察庁「持続可能な安全・安心まちづくりの推進方策に係る調査研究会」座長、東京都「非行防止・犯罪の被害防止教育の内容を考える委員会」座長などを歴任。代表的著作は『写真でわかる世界の防犯 ――遺跡・デザイン・まちづくり』(小学館)。趣味・嗜好は、旅行、映画・テレビドラマ、落語、音楽(バラード系)、スポーツ(ラグビー、サッカー、野球、オリンピック)、アイスクリーム。公式サイトは「小宮信夫の犯罪学の部屋」。http://www.nobuokomiya.com