写真
マック鈴木 まっくすずき
1975年生まれ。神戸市出身。高校1年の冬に傷害事件を起こし、高校を自主退学。その後渡米し、1Aサリナス・スパーズに球団職員兼練習生として入団。96年にシアトル・マリナーズでメジャー初登板。日本のプロ野球を経ない初のケースで、野茂英雄氏に次ぐ3人目の日本人メジャーリーガーとなった。その後、メジャー通算16勝をあげ、2002年のドラフト会議にてオリックス・ブルーウェーブに入団。05年に戦力外通告を受ける。以降、ドミニカ、メキシコ、台湾、ベネズエラ等で活躍。11年に関西独立リーグの神戸サンズの選手兼監督に就任し、シーズン終了後に退団。現在はメジャーリーグの解説などのほか、東京都足立区で「マック鈴木の英語野球教室」を運営している。