写真
大日向雅美 おおひなたまさみ
おおひなた・まさみ 1950年生まれ。恵泉女学園大学大学院教授。専門は発達心理学(親子関係・家族関係)。1970年代初頭のコインロッカー・ベビー事件を契機に、母親の育児ストレスや育児不安の研究に取り組む。2003年よりNPO法人あい・ぽーとステーション代表理事として、また子育てひろば<あい・ぽーと>の施設長として、社会や地域で子育てを支える活動にも従事する。著書に『母性の研究』 (川島書店)、『子育てと出会うとき』(NHK出版)、『「子育て支援が親をダメにする」なんて言わせない』(岩波書店)など多数。(プロフィール写真/尾崎誠撮影)