写真
臼田明子 うすだあきこ
昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。慶應義塾大学卒業後、夫のオーストラリア海外赴任に帯同するためNEC退職。子育ての傍らシドニー大学大学院修士課程に入学し、ジェンダー論を学ぶ。留学中に第二子を妊娠し、休学して出産。その後論文を書き上げ、卒業。ニュー・サウス・ウェールズ大学大学院博士課程修了、博士号(PhD)を取得。社会学博士。博士論文はドイツの出版社から出版。著作は共著で「子どもの放課後を考える」(2009:勁草書房)、「学童保育指導員の国際比較」(2014:中央法規)等。論文、学会発表、講演等多数。川崎市のボランティア子育て支援員を務める。