写真
椰月美智子 やづきみちこ
やづき・みちこ。1970年生まれ。小説家。02年、『十二歳』で第42回講談社児童文学新人賞を受賞し、デビュー。07年『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞をダブル受賞。 その他の著書に、『るり姉』『恋愛小説』『その青の、その先の、』『14歳の水平線』『かっこうの親 もずの子ども』『フリン』『伶也と』『坂道の向こう』『メイクアップ デイズ』『明日の食卓』『消えてなくなっても』など多数。幼年童話『チョコちゃん』『チョコちゃんときゅうしょく』もある。小学5年生と3年生の男児の母。