暑くもないのにワキ汗がにじむ。汗じみで淡い色の洋服が着られない……。そんなワキの多汗症患者の多くが、医療機関にかかっていないという。かかっても、これまでは専門の保険適用医薬品がなく、主に使われてきた院内調剤の制汗剤(塩化アルミニウム外用薬)は皮膚炎を起こしやすいなど、副作用が課題だった。しかし昨年11月、初の保険適用の外用薬として「エクロックゲル5%」(成分:ソフピロニウム臭化物)が発売された。これから暖かくなり症状が悪化しやすい季節になる前に医療機関に相談したい。

大量のワキ汗の悩み、あきらめていた人が9割以上

ワキ汗に悩んでいる人の中には、治療法があることを知らない人も多いよう。
ワキ汗に悩んでいる人の中には、治療法があることを知らない人も多いよう。

 厚いアウターを脱ぎ捨て、軽やかなファッションを楽しめる季節が近づいてきた。しかし、なかには大量の「ワキ汗」が原因で、気温の上昇とともに気が重くなる人もいるだろう。汗ジミが目立たない衣服しか着られなかったり、したたり落ちる汗で1日に何回も着替える必要があるなど、1年のうち何カ月も汗に悩まされる人は、実は少なくない。

 汗は体温を調節したり肌の湿度を保つために皮膚の汗腺の一つ、エクリン腺から分泌される。そして、汗が増えてしまう病気(神経疾患やがんなど)がないのにエクリン腺の働きが高まって「一般的な汗かき以上」の汗をかいてしまう病気が「原発性多汗症」だ。原発性多汗症には、全身に汗をかく「全身性多汗症」と、手のひら、足の裏、顔面など局所にかく「局所多汗症」があり、後者の一つがワキの下に汗をかく「腋窩(えきか)多汗症」だ。

図1 こんな症状は腋窩多汗症では?
図1 こんな症状は腋窩多汗症では?
取材を基に作成。

 東京医科歯科大学大学院皮膚科学分野の横関博雄教授は「腋窩多汗症は18人に1人の割合(5.7%)で見られるありふれた病気の一つ。男女比は6対4でやや男性に多い。気温が高くなっても(温熱性)、緊張しても(精神性)、汗の量が増え、患者のQOL(生活の質)を大きく低下させるやっかいな病気です」と解説する。

 しかし、これまでは患者自身が治療法の存在を知らなかったり、かかりつけ医に相談しても「体質のせいだから治療しなくてもいい」と言われることも多かったという。横関教授らが多汗症と診断した患者にアンケート調査を行ったところ、9割以上の人が長い間、何も治療を受けていなかったという結果が得られたという。

副作用などの課題があった従来の治療薬

 しかし今、多汗症の治療に積極的に取り組む医療機関が増えている。2010年に「原発性局所多汗症診療ガイドライン」(15年に改訂)が作られ、診断基準や効果が科学的に認められた治療法が示されたからだ。さらに昨年11月には腋窩多汗症のための塗り薬として新たに「エクロックゲル5%」(成分:ソフピロニウム臭化物)が発売された。

 ワキの多汗症に悩む患者にとっては、新しい薬の登場により「治療の武器」が増えたといえる。では、大量のワキ汗を止める治療にはどんなものがあるのだろうか。