「コメディと紙一重なのが、ホラー映画の面白さ」

 9月30日公開の映画『“それ”がいる森』は、ジャパニーズホラーの名手として知られる中田秀夫監督による新作だ。江口さんは『事故物件 恐い間取り』以来の、中田作品への参加となる。

「中田監督がホラーを撮ると聞いて、『やります』と即答しました。監督のことが好きなので、同じ時間を過ごせるなら、どんな内容でもいいんです(笑)」

映画『“それ”がいる森』は、2022年9月30日より全国ロードショーとなる。(監督:中田秀夫 出演:相葉雅紀、松本穂香、上原剣心、江口のりこほか)
映画『“それ”がいる森』は、2022年9月30日より全国ロードショーとなる。(監督:中田秀夫 出演:相葉雅紀、松本穂香、上原剣心、江口のりこほか)

 映画は怪奇現象が多発する実在の森を舞台に、正体不明の“それ”との遭遇を描くもの。江口さんは、相葉雅紀さん演じる主人公・淳一の元妻、爽子を演じる。

「私はホラーとコメディは紙一重だと思ってますが、これは特に変な映画(笑)。『そんなわけあるかい!』と突っ込みたくなる部分がたくさんあるんです。でも登場人物はあくまでも大真面目だし、私たち役者も真剣に演じている。ただ、現場でそっと監督に『変な映画ですよね?』といったら、ちょっとうれしそうにしてましたけどね(笑)」

 だからこそ、公開後の反響が楽しみだと話す江口さん。

「“それ”というものがどう受け止められるのか……。個人的にはコメディとして捉えてもらっても全然構わない。私だったら笑うと思いますしね。観た人の感想を聞くのが、今から待ち遠しいです」

江口のりこ(えぐち・のりこ)さん
1980年、兵庫県生まれ。1999年に劇団東京乾電池の研究生となり、2000年に入団。2002年、『金融破滅ニッポン 桃源郷の人々』で映画デビュー。主な出演作にドラマ『半沢直樹』『SUPER RICH』『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』『鎌倉殿の13人』、映画『ツユクサ』『川っぺりムコリッタ』、舞台『夜の女たち』など。

取材・文/工藤花衣 写真/石倉和夫 スタイリング/清水奈緒美 ヘア&メイク/今野富貴子