【動画】家事は家族全員で分担すべきだ

 こんにちは。私は台湾デジタル担当大臣、オードリー・タンです。国際女性デーに寄せて、日本の皆さんにお祝いのメッセージをお送りすることができ、光栄に思います。

 家族において、誰もが家の中の仕事を分担すべきだと思います。しかしながら、多くの場合、社会的伝統によって、女性は母親や娘に与えられた役割を果たすという責任を持つと考えられています。

 (新型コロナウイルスの)エピデミック(地域的大流行)予防期間においては、自宅隔離や自宅における子どもの世話など、多くの女性がさらなる負担を強いられました。それに加えて、女性は職場における参加や投資において、さまざまな産業の開発をサポートしました。女性たちはいつも看護や医療スタッフ、薬剤師として最前線で貢献しています。

平等な社会を実現するために、私たちはジェンダー平等に注意を払わなければいけない

 日本の状況は台湾の状況と似ているのだと思います。社会的活動に参加する女性の割合が増えるほど、私たちは、公的セクターや民間セクターの中での昇進や、意思決定層における割合、仕事と家庭生活のバランスを取るためのさまざまな方法を含め、ジェンダー平等においてさらなる注意を払わなければいけません。それによって、性別が異なるすべての人々が、社会的、公的事柄に参加し、すべての分野における資源にアクセスし、最終的に、平等を実現した優しい社会に参加するための平等な機会を得られるのです。

 そして私は、私たち一人ひとりが、エピデミックを予防するための対策を、できる限り完璧に行うよう全力を尽くすことを祈っています。そうすれば、再び私たちは実際に顔を合わせて会うことができるようになります。改めて、日本の皆さんと国際女性デーをお祝いしたいと思います。ありがとうございます。長寿と繁栄を。

構成/小田舞子(日経xwoman)

【日経ウーマンエンパワーメントプロジェクトと書籍やプランのご案内】

●日経ウーマンエンパワーメントプロジェクト
ジェンダー平等経営で、多様性を組織の力に。企業の成長エンジンに。ーー日本経済新聞社と日経BPは共同で、ジェンダー平等・多様性を経営視点で考え、各企業や組織、ひいては日本経済の発展につなげていこうと推進・発信する法人向けプログラム「日経ウーマンエンパワーメントプロジェクト」を運営しています。詳細は、ぜひ以下をご覧ください。
入会案内
資料請求/問い合わせ

●書籍『女性活躍サーベイ』
2021年6月のコーポレートガバナンス・コード(CGC)改訂、22年4月のプライム市場新設を受けて、女性活躍の本質を明らかにし、企業がやるべきことの指針を示した書籍を発売しました。(1)「2021年企業の女性活用度調査 」、(2)「上場企業3823社を対象に調査した『女性取締役』人名録」、(3)「CGC改訂後の女性活躍展望・先進企業の統合報告書戦略事例」、(4)「キャリア女性の実態調査」の4部で構成しています。
書籍『女性活躍サーベイ』

●女性活躍・D&Iサクセスプログラム
「女性活躍推進法の改正にすぐに対応したい」「制度は用意したが今ひとつ進まない」……そんな企業のお悩みにお答えするため、日経xwomanが特別に用意したプログラム。女性活躍の基本的な考え方や、まずやるべきこと、社内風土を変えるコツなど、女性活躍・D&Iに取り組む上で必要な知識とノウハウをお伝えします。
女性活躍・D&Iサクセスプログラム