【動画】完全で平等な労働参加を保証することが大切

トゥーマス・ブルンクヴィストさん 親愛なる皆さん、ジェンダー平等の実現に向けて働いている身としては、毎日が女性デーだといえます。この数年間、日々の努力が必要でした。

 女性の経済的な自立は、ジェンダー平等を実現し、女性を生涯にわたって力づけるための鍵です。女性の、完全で平等な労働参加を保証することが大切です。

 最も重要な問題の一つは、男女の賃金格差です。これはいまだに世界中のすべての社会で根強く残っているジェンダー問題です。この格差を終わらせるための具体的な対策が必要です。

 フィンランドでの具体的な対策の一例は、性別による賃金差別を防ぐため、賃金の透明性を向上する新しい法律を導入することです。また、私たちは労働協約におけるジェンダー影響評価などの施策を含む、賃金平等のためのプログラムを採用しています。

 さらに、労働市場における性別職域分離を減らす努力を強化しなくてはなりません。職域分離はジェンダーのステレオタイプを固執させ、労働市場にも悪影響を与えます。職域分離をなくすことは、あらゆる業界での労働力不足の解決にもつながります。

 親愛なる皆さん、仕事に女性が平等に参加できるようにするためには、ケア責任の平等な分担と、手ごろで質の高い幼児教育・保育サービスが必要です。

 フィンランド政府は、夫婦両方に均等に育児休暇を与える「家族休暇」を導入しました。これは家庭と職場の双方においてさらなる平等を獲得することが目的です。