【解説】PEPトークを活用しよう

 太陽上司、人を元気にしてくれますね。太陽上司のように、短い言葉で人を激励する話法を「PEP(ペップ)トーク」といいます。「PEP」とは、「元気」とか「活力」などを意味します。本来の「PEPトーク」は、「(1)事実を受け入れる(2)捉え方を変える(3)行動を示す(4)背中を押す」と構成を組み立てるのですが、普段使うには、相手の行動を見て、「良いと思った行動」をその場で褒めるようにすると効果的です。

 「あなたの今の行動はよかった」と、「元気」と「活力」で背中を押してあげるのです。言われたほうは、はっとします。「このホチキスの止め方をいいと言ってくれた」と思うだけで、「仕事を丁寧にこなしている」と褒められたような気になります。さらに、「昔に比べて」「将来は」などと未来も過去も語らないので、プレッシャーにも感じません。すっきり、はっきり、短い言葉で相手の小さな行動を褒める。これが、太陽上司が「太陽」であるための源泉になっているようです。

 野本さん、ぜひ息子さんのいいところを見つけて、PEPトークしてあげてください。

ポイント

人のいい行動は「その場で」「短く」褒める

言葉のプロが500人以上の声を集めて作った あなたの一言で部下が伸びる!見直すべき「声のかけ方」30のシーン
『人を追いつめる話し方 心をラクにする話し方』
編集:日経xwoman
発行:日経BP
定価:1650円(10%税込)

アマゾンでの購入はこちらから

【内容】
イソップの寓話「北風と太陽」の教訓を基に、「北風上司」と「太陽上司」を主人公にした物語形式の一冊。

★相手を励まし、前向きにさせる「太陽言葉」
・プレッシャーに押し潰されそうな部下の心を軽くする言葉
・大きなミスをして落ち込んでいる部下を立ち直らせる言葉
・家庭の事情に悩む部下を勇気づける言葉 など

★相手のやる気をなくさせ、恐怖を与える「北風言葉」
・チャレンジしようとする部下の芽を潰す言葉
・部下に、「上司にはしごを外された」と感じさせる言葉
・仕事に私情を挟んで、部下を混乱させる自分勝手な言葉 など

イラスト/大西洋