【解説】行動は言葉を超える

 太陽上司の「行動力」、学びたいところです。口先で、「大丈夫?」「大変だったね」とお見舞いの言葉を言うのではなく、相手の困っていることに行動で直接切り込む。励ます言葉を極力抑えて「今、困っていることを、手伝わせてくれ」という一点にフォーカスした動きをする。太陽上司の美学を感じます。

 私たちはつい、「お見舞いのときの励ましの言葉」「相手を勇気づける名言」などを探し当てて、その言葉を使いがちです。相手が望んでもいないのに、事の経緯や病状を聞いたり、楽しい会社の様子を報告したりしてしまうこともあります。それらはひとつも、患者の立場には立っていません。「お見舞い」という自己満足感を満たされたいだけのことです。

 弱っている人には、言葉よりも行動。これは実際に私が病気をしたときに経験したことです。そのときの上司、かっこよかったです。見習おうと思いました。

まとめ

弱っている人に必要なのは、
「言葉」より「(相手を思いやる)行動」

言葉のプロが500人以上の声を集めて作った あなたの一言で部下が伸びる!見直すべき「声のかけ方」30のシーン
『人を追いつめる話し方 心をラクにする話し方』
編集:日経xwoman
発行:日経BP
定価:1650円(10%税込)

アマゾンでの購入はこちらから

【内容】
イソップの寓話「北風と太陽」の教訓を基に、「北風上司」と「太陽上司」を主人公にした物語形式の一冊。

★相手を励まし、前向きにさせる「太陽言葉」
・プレッシャーに押し潰されそうな部下の心を軽くする言葉
・大きなミスをして落ち込んでいる部下を立ち直らせる言葉
・家庭の事情に悩む部下を勇気づける言葉 など

★相手のやる気をなくさせ、恐怖を与える「北風言葉」
・チャレンジしようとする部下の芽を潰す言葉
・部下に、「上司にはしごを外された」と感じさせる言葉
・仕事に私情を挟んで、部下を混乱させる自分勝手な言葉 など

イラスト/大西洋