最初の緊急事態宣言が出された2020年4月は、がん検診の受診者数が前年比で激減している(データは日本対がん協会)