にきび肌のメイクとおすすめ化粧品

 また、にきびができいるときのメイクは控えたほうがいいのですが、どうしても凹凸や赤みを隠したい場合は、清潔な筆にコンシーラーを取り、にきびより二回りほど大きく肌に塗ります。そして軽くフェースパウダーをはたきましょう。にきび跡が残らないように、コンシーラーはビタミンC誘導体など、抗酸化効果がある成分入りのものを選ぶといいですね。

 ただし、にきびがうみを持っている黄にきびのときはメイクをするよりも、炎症を抑え、早く治すことを心がけましょう。

 最後に私がおすすめする化粧品を紹介するので、参考にしてみてくださいね。

■にきび・肌トラブル用のスキンケアシリーズ「オードムーゲ」の知見を生かし、共同開発された薬用アクネソープ。せっけんとしての洗浄力もありながら、アロエによる保湿効果もある。薬用アクネソープ(販売名/オードムーゲ石鹸)医薬部外品 1650円/アロエガーデン

■にきびの原因菌を殺菌するローションタイプの治療薬。みずみずしく、肌になじむつけ心地で、保湿もできる。イハダ プリスクリードAC 1980円/資生堂

■にきびの原因菌を殺菌し、赤みや炎症を抑え、角質をやわらかくして毛穴の詰まりを改善する化粧水タイプのにきび治療薬。ドラッグストアで購入できるのもうれしい。マキロン アクネージュ メディカルローション【第2類医薬品】1320円/第一三共ヘルスケア

■透明タイプの枠練りせっけんで、保湿ケアしながら洗浄もできる。にきびになりやすい成分がすべて取り除かれたシンプル処方で、肌にやさしい。【医薬部外品】ノブ A アクネソープ 880円/NOV

取材・文/三浦香代子(日経xwoman) 写真、図版/PIXTA