【注意】日経BPのメディアサイトを巧妙に模倣した偽サイトが判明しました

  1. TOP
  2. ダイバーシティ
  3. 女性役員に聞くD&I
  4. 「女には分からない」 世間の無理解が女性活躍を阻む
女性役員に聞くD&I

「女には分からない」 世間の無理解が女性活躍を阻む

(下)ヤマダHD代表取締役「男女や雇用形態問わず、みんなが働きやすい環境づくりが新卒採用で重要に」

Terraceで話題!

長時間労働に、世間からの根拠のない女性軽視。女性活躍を阻む小売業界特有の要因について、ヤマダホールディングス代表取締役兼専務執行役員の小暮めぐ美さんに話を聞きました。

(上)ヤマダHD 女性に特化した活躍推進策が失敗した理由
(下)「女には分からない」 世間の無理解が女性活躍を阻む ←今回はココ

編集部(以下、略) 小売業界で女性が活躍するための障害はなんでしょうか。

小暮めぐ美さん(以下、小暮) 小売業界全体として、「女性スタッフが低く見られてしまいがち」な点に課題を感じています。例えば、販売の現場に女性が立つと、来店客から「女には分からないだろう、男の人に代わって」と言われることがあります。パソコンやテレビといった「男性のほうが詳しそう」なイメージのある現場に多いです。私個人の経験としては、お金を投げつけられたこともあります。

 一般の人々の間で、「小売業界で働く女性は補助的な仕事をする人」といったイメージが根付いてしまっているためではないでしょうか。家電は安価なものではありませんので、「補助ではなく、ちゃんとした人=男性、に対応してほしい」と思われてしまいがちなのです。優秀な女性はそんな職場で働きたくないですよね。

小暮 これは世間のアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)ですので、解決には時間がかかります。会社としては女性の正社員を増やす、そして、社内で昇進していく女性を増やすことが重要です。小売り業界全体に言えることですが、パートタイムなどの非正規雇用の従業員を正社員へ積極的に登用していくことと、新卒採用がカギではないでしょうか。

―― 小売業界では非正規社員の女性たちが多く働いていますね。日経WOMANが実施した「企業の女性活用度調査」によれば、卸売・小売業界(回答78社)で働く女性社員における非正規の比率は44%で、他業界と比べて最も高い数値でした。

小暮 弊社でも非正規の女性を多く雇用しています。非正規の社員と話をしていると「一部は正社員に登用され、残りの人はそうでないのはどうして」という声をよく聞きます。現状では、優秀な人に個別に声をかける形で、具体的な基準を明示しているわけではありません。非正規の社員からすると「不透明」な人事として目に映り、将来への不安やモチベーションの低下につながっています。

 勤勉でまじめで、将来が期待できる人たちがモチベーションを高く維持しながら、仕事に対する明確な展望を描けるようにすることが必要です。検討段階ですが、非正規社員が正社員になり、店長にもなれるといったキャリアパスを明示できないかと考えています。

―― 小売りの店舗は早朝から夜遅くまで営業する場合もありますね。家庭や子育てを大切にしながら働きたい若い世代からすると敬遠されてしまうのではないでしょうか。

関連雑誌・書籍・セミナー

会員登録でクリップやタグの
フォローが可能になります
フォローしているキーワード/タグ
キャンセル