駄言の実例「女子は数学が苦手」

「リケジョ」
そんなカテゴライズされないで男子も女子も好きな勉強ができますように。(ツイッターより)

「機械系で女子って大変じゃない?」
「そういう(機械に関する)ことが好きなの? え、好きなんだ! ……っていうと『理系女子』って感じか」。これ最近まじに言われたやつ。悪気はなさそうなんだけどね。基本、女子は難しいことは苦手とか思ってそう……。(ツイッターより)

「女子は数学が苦手」 (ツイッターより)

「今は女子のほうが成績が良くても、すぐに男子に追い越されるから」
受験生のときに言われたこと。いまだにこの呪いの言葉が、なくなっていないことにあぜんとします。この言葉で女子の心を折ることが目的? 今年、受験生の子から聞かされ、がくぜんとしました。(ツイッターより)

「バカなほうが愛されるよ」 知らんがな。(ツイッターより)

「女子が好きなやつ」
テレビでのグルメ特集でこのセリフが聞こえてくると一気に萎えてしまう。マーケティングなんかの結果、食の好みに性差があるかもしれないけど、いわゆる「女子が好きなやつ」を好きな男性がそれを好きだと言いにくい、食べにくい、恥ずかしいとなる場合もない?(ツイッターより)

*「駄言」の紹介は、まだ続きます。