1. TOP
  2. 話題
  3. 職場で、家庭で聞いた。言われた。心をくじく駄言
  4. 駄言のキングは「家事、手伝うよ」!?
  5. 2ページ目
職場で、家庭で聞いた。言われた。心をくじく駄言

駄言のキングは「家事、手伝うよ」!?

【11】「男は仕事、女は仕事と家庭」という固定観念をどう覆すか

Terraceで話題!

「(家事)手伝うよ」

【「生活能力・家事」に関する駄言~その1~】
書籍『#駄言辞典』にも掲載されている、公募で集まった「駄言」の一部を紹介します。以下、太字部分が駄言です。応募時に寄せられたコメントや投稿先も併せて掲載します。


「(家事)手伝うよ」
やはり夫が妻に言うこのフレーズが(駄言の)キングなんじゃないの? 当事者意識がないことがこれ以上うまく表れた言葉はない。

「オレにメシ作れってこと? 好きで忙しくしてるんだよね!?」
子ども3人の育児、家事、仕事に疲れ、体調不良の私が「もう少し手伝って」と言ったときの夫の言葉。(ツイッターより)

妻「働こうと思うんだけど」
夫「働いて帰ってきても俺の前で絶対『疲れた』って言うなよ」
(ツイッターより)

「ご飯どうするの?」
状況見て考えろや。(ツイッターより)

「誰のおかげで食えると思ってるんだ」
「誰のおかげでうまいもの食えると思ってるんだ」って今度こそ言おうと思っています。(ツイッターより)

「俺のほうが稼いでるんだからおまえの家事比率が高いのは当然」
金銭うんぬんではなくフルタイムなら拘束時間は同じだし、賃金の男女差はむしろ社会に問うてくれ。こちとら好きで同職の男より低賃金なわけではない。(ツイッターより)

「俺より稼げるようになったら育児手伝ってやるよ」
(ツイッターより)

*「駄言」の紹介は、まだ続きます。

働く女性が増えているのに、家事や育児は女性が多く担う場合が多い。そろそろこの現実を変えていきませんか?(画像はイメージです)
働く女性が増えているのに、家事や育児は女性が多く担う場合が多い。そろそろこの現実を変えていきませんか?(画像はイメージです)

関連雑誌・書籍・セミナー

会員登録でクリップやタグの
フォローが可能になります
フォローしているキーワード/タグ
キャンセル