日本国憲法の第三章「国民の権利及び義務」において、すべての国民は法の下に平等であると明記されている