合理的に判断したつもりが、悪気のない差別に

 1つは、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)です。特に日本は、「男性は外で働き、女性は家を守る」というジェンダー規範が強く、例えば「働くことは女性には向いていない」などという無意識のバイアスによって、女性に大きな仕事が与えられにくくなっている可能性があります。

 もう1つは、「統計的差別」といわれる問題です。統計的差別とは、目の前の相手に関する情報が少ない場合、過去の統計的なデータに当てはめて合理的に判断したつもりが、結果的に不平等な判断をしてしまうことを指します。

 例えば「女性はこれまで出産で会社を辞める人が多かったし、育休から復帰しても成果を出しづらい人が多かった。この人も長く働かないだろうし、成果も出せないだろう」といった具合です。

―― 目の前の女性のことがよく分からないから、「過去の多くの女性たち」をもとに判断するということですね。悪気はないのかもしれませんが……。

 不確実性が高まっている時代、過去の事例をもとに未来を予測することには、合理的な側面があります。しかし、過去の女性たちとこれからの女性たちは同じではありませんし、そもそも個人の事情は人それぞれ違うわけですから、注意が必要です

―― 学歴や勤続年数が同じでも、女性は男性に比べて研修や出向の経験が少なかったり、育児や介護のため多様な経験を積むだけの時間がなかったりして、結果的にスキル不足となり、昇進が遅れたり、花形ポストに就きづらくなっていたりするかもしれません。

 長時間労働によって評価されるシステムでは、女性は男性と同じ評価を受けることは難しいでしょう。また米国の研究では、時間や場所に拘束される、突発的な対応が多い職場では、なかなか男女間の賃金格差が埋まらないという報告もあります(*4)。時間や場所に制約されない働き方は、女性が評価を伸ばしやすいだけでなく、男性にとっても働きやすいはずです。日本が変わっていくために、こうした新しい働き方が広がっていくことに期待したいです。

アンコンシャス・バイアスや「統計的差別」に気づき、「過去の集団」ではなく「目の前の個人」に向き合う。時間や場所に制約されない働き方を広げていく

取材・文/久保田智美(日経xwoman編集部)

原ひろみ
明治大学 政治経済学部 准教授
原ひろみ 東京大学経済学部経済学科卒業。博士(経済学)。労働政策研究・研修機構(JILPT)副主任研究員、日本女子大学准教授などを経て、2022年4月から現職。専門は労働経済学、実証ミクロ経済学。主な著書に『職業能力開発の経済分析』(勁草書房)、『非正規雇用のキャリア形成:職業能力評価社会をめざして』(同、共編著)がある。
参考
*1:Hara, H.(2018) “The Gender Wage Gap across the Wage Distribution in Japan: Within- and Between-Establishment Effects,” Labour Economics, 53, pp. 213-229.
*2:Sato, K., Hashimoto, Y. and Owan, H.(2019)“Gender Differences in Career,” Journal of the Japanese and International Economies, 53, 101028.
*3:Booth, A., Francesconi, M. and Frank, J.(2003)“A Sticky Floors Model of Promotion, Pay, and Gender,” European Economic Review, 47, pp.295-322.
*4:Goldin, C.(2014) “A Grand Gender Convergence: Its Last Chapter,” American Economic Review, 104 (4), pp.1091-1119.