脂肪層の厚みが減り、リフトアップ

上記と同じ条件で試験を行い、起きた状態で撮影した顔面のCT画像を用いて試験前後の変化を解析。同一部位における脂肪層の厚みが約0.8mm(平均3.7%)減少した。(画像提供/コーセー)