人工皮膚を用いて、張力均衡の皮膚機能への作用を解析。張力を加えた人工皮膚は、張力のないほうに比べてI型コラーゲンの発現量が約3.5倍増加。コラーゲン分解酵素遺伝子の発現は約3分の1に抑えられた。(データ:Communications Biology;3,637,2020)