人工皮膚の細胞を蛍光免疫染色法で観察したところ、張力のある人工皮膚は、張力がないほうに比べて表皮のターンオーバーが促進し(画像左)、コラーゲン線維の量が増加する(画像右)ことが確認された。(画像提供/ロート製薬)