マスク顔を若く見せるカギを握るのが「眉」。マスクなしのときと同じ眉ではかえって老けて見える危険も。マスク映えする目まわりメイクのルールを覚えて、自信のある目元に!

マスク顔の目元老けを解決! 目元が老ける理由とは?
 ロート製薬の目元サロン直伝 クマ・くすみ対策ケア

目元のシワ・たるみが瞬時に引き上がる 眼筋トレ
マスク顔がぐっと若くなる「美眉メイク」3つのルール ←今回はココ
マスク顔がぐっと小顔になるお悩み別「美眉メイク」

マスク顔には、眉の角度が重要

「口元が覆われたマスク顔では、表情を左右するのは目元のみ。そのため、マスクをしていないとき以上に眉メイクをきちんと行う必要がある」と話すのは、美眉アドバイザーの玉村麻衣子さん。

 特に重要なのが、眉の角度。「眉山をほとんど作らない平行眉は、マスクなしなら若見え効果大。しかしマスクで口元が隠れた状態では、ぼんやりした表情に見えやすい。また、眉尻が眉山よりも下がると、表情が暗くなり、疲れた印象に。目尻も下がって見えるため、たるみ感も強調されやすくなる」(玉村さん)

 ここ数年、眉メイクはあまり角度をつけずにほぼ平行ラインに仕上げるのが主流だが、マスク顔ではNG。「眉に適度な角度をつけることで目元も引き上がり、若さがアップする」という。

 さらに「眉の下ラインがぼやけていると、眉全体がボサボサに見えたり、メイク崩れを放置しているようなだらしない印象を与えることも」(玉村さん)。