昔は武家や商家などで、主人が対外的な仕事をするのに対し、「家の中を取り仕切る責任者」という意味で「奥さま」が使われていた