心では何を思っても自由。感情は20秒で消化する

 芽生える感情の中には、人には決していえないようなこともあるかもしれない。でもそういった感情を抱くのも人間として当然のこと。「心の中でなら何を思っても自由。例え、誰かにものすごくムカついて『アイツいつかボコボコに…!』と思ったとしても決して悪いことではない。そういうふうに考える自分を物騒でネガティブの極みだと思うとしたら、間違ったポジティブ至上主義に毒されている」と山根さん。

 感情を否定するのは自分の一部を消すことと同じ。無理に抑え込むとかえって、感情のかけらがシコリのように残って膨らみ、変に爆発しかねないという。気心が知れた友達に「あの上司、本当に嫌い!ボコりたい」と愚痴をこぼしたっていい。

 「感情は浸って消化するもの。殺したいくらい嫌いだと思った激しい感情も、否定せずに受け入れれば20秒~1分で消化できるといわれている。その間ジッと浸ってしまおう」と山根さんはいう。

憧れは「自己否定」、嫉妬は「自己肯定」から
【憧れ】自分にはたどり着けないという諦めがある。【嫉妬】うらやむのは自分がそうなれるとひそかな自信がある
【憧れ】自分にはたどり着けないという諦めがある。【嫉妬】うらやむのは自分がそうなれるとひそかな自信がある
 憧れはポジティブな感情、嫉妬はネガティブな感情と思われがちだが、実は逆。「誰かに憧れを抱くとき。自分には到底及ばない、という自己否定が根底にある。憧れからの行動はうまくいかないので諦めたほうがいい。一方、嫉妬はその人に対抗心を燃やしている状態で、自分にもできるはず、という自己肯定感から始まっている。嫉妬を感じるなら、すぐ行動に移そう」(山根さん)。