Q. どうしたら親離れできますか?

A. 親と自分の関係を客観的に見るといいでしょう

 自分を「親の子ども」ではなく、一人の大人として捉えるのが難しい人は、親と自分の関係を客観視してみるといいそうだ。

【ワーク1】適度に心理的な距離をとれるようになる「名前呼び」

 「言葉の影響力は絶大で、“お父さん”“お母さん”という親子関係を示す言葉を使うと、自分もつい子どもとして接してしまう。関係性を排除した固有名詞で呼ぶと、子どもである自覚が薄れて心理的な距離感が広がるため、親に対して一人の大人として接しやすくなる」と山根さん。親のほうも距離を感じることで、子どもを一人の大人として捉えやすくなるという。

最初は照れくさくても、お互いすぐ慣れる
最初は照れくさくても、お互いすぐ慣れる

【ワーク2】自分だけが悪いという気持ちを払拭する「三人称ノベライズ」

 例えば、認知症の親から突然食器を投げられた場合。「自分の介護の仕方が悪かったのでは…」と、自己嫌悪に陥りやすいタイプにお薦めなのがこのワーク。

 「起こったことを全て三人称で考えて、第三者の目線で出来事を捉え直す。この場合は『認知症の母親が突然娘に食器を投げた』という事実だけが見えて、娘は悪くないことがわかる」と山根さん。まわりの人のことで落ち込みやすい人は、冷静な判断を促すのにやってみるといい。

頭の中で映像化して客観的に捉え直そう
頭の中で映像化して客観的に捉え直そう
「お母さん」という言葉を使うと、「心配してくれるのに不満に思うのは悪いこと」と思い込みやすいが、登場人物を三人称にすれば、出来事を客観視しやすく、不満を感じても罪悪感を生みにくい
「お母さん」という言葉を使うと、「心配してくれるのに不満に思うのは悪いこと」と思い込みやすいが、登場人物を三人称にすれば、出来事を客観視しやすく、不満を感じても罪悪感を生みにくい

【ワーク3】親の子離れにも有効!「物理的距離をとる」

 親子だから一緒に住むほうがいい、長い休みには家族で集まるべき──。そう考えるのも理想の親子像ノイズの縛りだという。

 「一人ひとり別の人間なのだから、親子でもそりが合わないこともあって当然。そういう場合は会う頻度を減らしたり、別居を検討するほうが健全な親子関係を築きやすくなる」と山根さんはアドバイスする。

物理的な距離が心理的な余裕につながって、かえって思いやり合えることも
物理的な距離が心理的な余裕につながって、かえって思いやり合えることも
山根洋士さん
心理カウンセラー
山根洋士さん 1970年生まれ。メンタルノイズ心理学協会チェアマン。誰もが抱える“心のクセ”を「メンタルノイズ」として提唱し、8000人以上の悩みを解決。近著の『「自己肯定感が低めの人」の人づきあい読本』(大和出版)など、著書累計10万部を突破。

取材・文/茅島奈緒深 イラスト/熊野友紀子 構成/堀田恵美