歳をとるにつれてお腹まわりがどっしりしてきたのは「内臓脂肪」が増えてきたからかもしれません。内臓脂肪が増えると、生活習慣病や脳梗塞、心臓病のリスクが高まります。女性は男性に比べて内臓脂肪が少ないものの、更年期以降は増えやすくなるので要注意。日本人の場合は、一見太っていないのに内臓や肝臓に脂肪が多い"隠れ肥満"が少なくないようです。いつまでも健康でいるために知っておくべき、内臓脂肪や脂肪肝の「新常識」を紹介します。

内臓脂肪の新常識
【第1回】ダイエットで脂肪がつきやすくなる? 隠れ肥満注意報 ←今回はココ
【第2回】隠れ肥満をつくる「ダメな食べ方」「ダメな生活習慣」

 内臓脂肪は、男性でも女性でも、中高年になると徐々に増えてくる。「その量が問題とされるのは、内臓脂肪の蓄積と高血圧・高血糖・脂質代謝異常の2つ以上があるとメタボリックシンドロームとして心臓病や脳梗塞になる可能性があるからだ」と九州大学の小川佳宏教授は説明する。

 内臓脂肪とは、腹腔内にある脂肪組織のことで、腸を包む腸間膜や胃、腎臓などの臓器のまわりにつく。「内臓脂肪の脂肪細胞に中性脂肪がたまって肥大化すると、脂肪組織から炎症性の物質が放出され、血糖値を下げるインスリンの効きが悪くなる」と小川教授。

 内臓脂肪が増えると一般にはお腹まわりが太くなるため、男性で85cm以上、女性で90cm以上という腹囲が現状ではメタボリックシンドロームの診断目安となっている。

 ただし、腹囲だけを心配していればいいわけでもないようだ。日本人の場合、一見太って見えなくても、実は内臓脂肪量が多い"隠れ肥満"が少なくないからだ。さらに、「筋肉量が少なかったり、皮下脂肪や内臓脂肪への蓄積能力が低い人は、肝臓や筋肉などにも脂肪がたまりやすい」と小川教授は説明する。ダイエットを繰り返して筋肉量が低下しているような女性はリスクが高いといえる。

 近年の研究で、脂肪肝や筋脂肪の蓄積があると、内臓脂肪蓄積がなくてもインスリンの効きが悪くなることが明らかになってきたが、日本人の場合は内臓脂肪よりも脂肪肝のほうがその影響が大きいこともわかってきた。


内臓脂肪の蓄積は腹囲が目安

糖・脂質代謝の低下を伴う可能性のある内臓脂肪量は、腹部断面積で100cm²。男性は腹囲85cm以上、皮下脂肪の多い女性は90cm以上が目安。正常体重なのに内臓脂肪が多いという人もいる。
糖・脂質代謝の低下を伴う可能性のある内臓脂肪量は、腹部断面積で100cm²。男性は腹囲85cm以上、皮下脂肪の多い女性は90cm以上が目安。正常体重なのに内臓脂肪が多いという人もいる。

細くても脂肪や筋肉に脂肪蓄積がある人は要注意

日本人には肥満でないのに脂肪肝の人も多い。このタイプは、内臓脂肪が少なくても脂肪細胞や骨格筋でインスリンの効きが悪くなる。女性の場合は肝臓の線維化や、筋肉内に脂肪がたまる筋脂肪化も進みやすい。
日本人には肥満でないのに脂肪肝の人も多い。このタイプは、内臓脂肪が少なくても脂肪細胞や骨格筋でインスリンの効きが悪くなる。女性の場合は肝臓の線維化や、筋肉内に脂肪がたまる筋脂肪化も進みやすい。