学生には企業を変えられる力がある

 エシカル就活を活用する企業側に話を戻そう。メンバーズ採用担当の菅沼さんは、「『エシカル就活』というプラットフォームで初めて当社を知ったという学生が増えているわけではない」と話す。しかし、このプラットフォームに会社として登録することで、「この企業は本気で社会課題に取り組んでいるんだな」と認識してもらえるようになったと手応えを感じている。

 同社採用マネジャーの内橋さんは、「仕事を通して、社会課題を解決していきたいと真剣に思っている学生たちが、本気で社会課題に取り組む企業と安心して出会える場所であってほしい」と、エシカル就活への期待を話す。

 取締役兼専務執行役員の高野明彦さんは、仕事をする上で、世の中を良い方向に変える側に回る面白さを語る。「変わらなければいけないことは分かっていても、変化に抵抗する企業は数多くあります。世の中に存在する社会的な課題はすべて人間が引き起こしたもの。だから必ず変えられるはずです」と高野さんは考える。

 「持続可能な経済モデルや社会をつくるという目的を持つことが当たり前になっていくといいですね。私たちは、その先駆けになりたいです」

 エシカル就活を志す学生に対して「学生には、企業を変える力があると思うので、恐れずに挑戦してほしい」とエールを送る。

【エシカル就活】
上・型にはまる就活に違和感「エシカル就活」開設への思い
下・Z世代 「社会課題を軸に仕事選び」を当たり前の社会に ←今回はココ

取材・文/福井麻乃(日経xwoman)