人気のFP資格で得られる知識は、とても私たちの生活に役立つ、身近なものです。ここでは実際に出題された3級、2級の問題を例にして見ていきましょう。一見、ひたすら難しい言葉の羅列に見える問題文も、解説を見て出題の意図を理解すれば、ぐっと頭に入りやすくなります。

 FP試験で問われる知識は、6つの課目に分かれている(参照記事・7月に受検申し込み開始「FP資格」ってどんな資格?

 今回は、FP試験で問われる6課目のうち、人生のマネープランを立てるための知識を学べる「ライフプランニングと資金計画」、保険の仕組みについて学べる「リスク管理」、貯蓄や投資について学べる「金融資産運用」の3課目について、問題と解説をチラ見せする。この3課目には、FP試験の中でも、多くの人に活用の場が多い知識がつまっているといえる。自分のライフプランを立ててみること、必要な保険と不要な保険を見極めること、お金を貯めるだけでなく増やそうと考えることは、誰にとっても大切なことだ。

 紹介する問題は、FP資格講座の講師を長年務めるベテランFP3人(LEC専任講師の岩田美貴さん、TAC専任講師の高鷲佐織さん、FP資格講座の解説動画で人気のYouTuberおーちゃんさん)がセレクト。2021年1月に実施された3級・2級試験の問題から、特に私たちの生活と関係が深く重要なものを選んでもらった。

 後日公開の後編では、税金について学ぶ「タックスプランニング」や、「不動産」「相続・事業承継」について見ていく。