風冷え

 風冷えの日は空っ風が吹く、「冬晴れ」といわれる日です。

夜景に星がきらめくような澄んだ空気。その分、風が強ければ強いほど体感温度が低くなる
夜景に星がきらめくような澄んだ空気。その分、風が強ければ強いほど体感温度が低くなる

 風冷えは冬型の気圧配置となり、太平洋側は風が強く、空気が乾きます。乾燥した空気では風速1メートルで体感温度が1度下がるといわれているので、風速5メートル(自転車に乗るくらいの髪の乱れを感じる風)では体感温度は5度下がります。

 風冷えの日の落とし穴は「晴れ、最高気温15度」と天気と気温を確認したのに、想像以上に寒かった……となることです。寒さ対策は風の強さを引き算して、マフラーで首から耳のあたりまで覆ったり、風を通しにくい上着を選んだりするのが正解です。

風冷えの日の天気図と天気分布/西高東低の冬型の気圧配置で、太平洋側は乾燥した晴天、日本海側は雨や雪。全国的に風が強い分、実際の気温より体感温度は低くなる
風冷えの日の天気図と天気分布/西高東低の冬型の気圧配置で、太平洋側は乾燥した晴天、日本海側は雨や雪。全国的に風が強い分、実際の気温より体感温度は低くなる

 ただ、風がない屋内に入った途端に体感温度が上がり、それまでの服装が暑く感じることも。このときの調節にも着脱が簡単なマフラーや上着が便利です。室内では「加温」「加湿」で風邪予防にも努めましょう。

 風冷えの兆しは「夜空の星のきらめき」でも分かります。地面付近はまだ風が強くなくとも、星をきらめかせる上空の強い風が次第に降りてくるため、翌日は風が強まるという観天望気があります(天気が崩れるという地域もあるようです)。

底冷え

 次に底冷えです。

 底冷えの日は風が弱く、朝晩と昼間の温度差が大きくなる特徴があります。

霜柱を踏む音も寒い朝ならでは。晴れて風が弱い夜は放射冷却が強まって、霜が降りたり氷が張ったりするが、太陽が高くなると、体感温度はグッと高くなる
霜柱を踏む音も寒い朝ならでは。晴れて風が弱い夜は放射冷却が強まって、霜が降りたり氷が張ったりするが、太陽が高くなると、体感温度はグッと高くなる

 一日のうちで最も気温が下がるのは日の出の前後です。私は早朝の番組を担当しているので毎朝2時半(朝とはいえない時間帯ですが)に起きています。すると、多くの人は「冬は寒くて大変だね」といたわってくれますが、実は皆さんのほうが寒い中で身支度しているんですよ、と心の中でいたわり返しています。

 午前2時ごろはまだ前の晩の暖かさが建物内に残っていますし、実際に気温も下がり切っていません。昨冬、東京で初めて氷点下まで下がった12月17日も最低気温は6時43分に観測されています。

 そして、ここに底冷えの日の落とし穴があります。起きたときの寒さにつられ、着込んで出かけたら昼間はポカポカ陽気で汗ばんでしまうことです。対策としては身支度をする部屋の温度を上げる、朝のうちはカイロなどを使用し、しっかり食事をとって体を温めるようにしましょう。そうすれば昼間の暖かさに合う、軽めの装いで出かけられます。

底冷えの日の天気図と天気分布/冬型の気圧配置が緩んで等圧線の数が少なくなると、季節風が弱まる。日本海側も晴れ間が出やすくなり、昼間は日差しにホッとできるが、朝晩の冷え込みが厳しい
底冷えの日の天気図と天気分布/冬型の気圧配置が緩んで等圧線の数が少なくなると、季節風が弱まる。日本海側も晴れ間が出やすくなり、昼間は日差しにホッとできるが、朝晩の冷え込みが厳しい

 ちなみに底冷えの夜は、遠くの音や小さな音がよく聞こえるといわれます。これは地面付近に冷たい空気の層がドームのように形成されることで、音が空高いところへ逃げずに横に広がりやすくなるためのようです。

湿気寒

 最後は湿気寒です。

 曇りや雨(雪)で日差しがない分、体感温度が低くなります。乾いた空気よりも湿った空気は風が吹いたときに感じる寒さは弱いのですが、冷たく重たい空気がまとわりつくと体が芯から冷えていきます。

 湿気寒は、底冷えのような強い放射冷却がなく、朝の冷え込みが弱いというところが落とし穴です。「今朝はそれほど寒くない」と油断していると、気温が横ばいで昼間としてはかなりの寒さになります。特に長時間、屋外にいる場合には着込んだうえに手袋やマフラーも必須となります。

湿気寒の日の天気図と天気分布/晴天をもたらした高気圧が遠ざかり、西から低気圧や前線が接近。太平洋側も雨で気温によっては雪になる
湿気寒の日の天気図と天気分布/晴天をもたらした高気圧が遠ざかり、西から低気圧や前線が接近。太平洋側も雨で気温によっては雪になる

 新型コロナウイルス下で満員電車は減ってきたようですが、以前は寒くなると「着膨れラッシュ」が起こりました。一人ひとりが着込むことによって、それまでと同じ人数でも車内が混んだり、ひどいときには電車に乗り込めなくなったりする状況です。混んだ電車で汗をかき、電車から降りたら一気に冷えるのは体調維持には大敵です。

 そういえば寒々しい曇天の日、スズメやハトが体を丸くして膨らんでいるところを見たことがありますか? 「膨ら雀(ふくらすずめ)」といって、羽毛の間に空気をため込んで寒さをしのいでいる丸っこい姿に癒やされます。

日差しのぬくもりがない日は鳥たちも体を丸くして、羽毛の間に空気をため込んでいる。「福良雀(ふくらすずめ)」と当て字をして縁起物とすることも
日差しのぬくもりがない日は鳥たちも体を丸くして、羽毛の間に空気をため込んでいる。「福良雀(ふくらすずめ)」と当て字をして縁起物とすることも

 「膨ら」を「福良」と当て字をして、縁起物とすることもあると知り、丸いスズメ(ハトも?)を見つけたら、新年・新春に向けての吉兆と心を温めています。この冬、寒い日の道すがら、スズメやハトをパトロールしてみてはいかがでしょう? 膨らんだ姿に寒さを共感し、ほっこりできる「一服の涼」ならぬ「一服の暖」になるかもしれません。