アップルは、スマートフォン「iPhone」の新製品、4機種を2021年9月24日に発売します。標準タイプの「iPhone 13」をはじめ、小型の「13 mini」、上位機種の「13 Pro」、大型の「13 Pro Max」というラインアップです。iPhoneは毎年9月に新機種が発表されるため、この時期にスマホの買い替えを検討する人は多いでしょう。1年前に発売された前機種「12」と比べてどう変わったのか。何が魅力なのか。そして、13は“買い”なのか……触ってみた印象をお伝えします。

今までにない新色「ピンク」は、優しい桜色

 外観からチェックしていきましょう。標準タイプのiPhone 13は、6.1型画面で9万8800円(税込み)から。カラーは、PRODUCT RED(赤色)、スターライト(白色)、ミッドナイト(濃い青色)、ブルー、ピンクの5色が用意されています。この中で、目を引くのは新色の「ピンク」。これまでにアップルは、ピンクと名の付く商品をいくつも発売してきましたが、今回は、いわば優しい桜色で落ち着いた色合い。背面には艶感があり、側面部分は同色のアルミ加工が施されています。優しい色合いで、仕事のデスクに置いても違和感がありません。

 画面が5.4型と小さめの「mini」は8万6800円(税込み)から。サイズは、長方形のファンデーション(コンパクト)ほどで、手が小さめの人でも背面からしっかりと握り締められます。機能もカラーバリエーションも標準タイプの13と同じ。メモリー容量はいずれも128GB、256GB、512GBの3モデルが用意されています。

 この2機種とも、従来の12との違いは、背面にある2つのレンズが大きくなった点。強化されたカメラ機能については、後ほど紹介します。

iPhone13とminiのカラーバリエーションは5色。新色の「ピンク」に注目
iPhone13とminiのカラーバリエーションは5色。新色の「ピンク」に注目
右が標準タイプの13、左が一回り小さいmini。カラーはいずれもピンクだが、薄い桜色といった雰囲気
右が標準タイプの13、左が一回り小さいmini。カラーはいずれもピンクだが、薄い桜色といった雰囲気