もんでもなかなかほぐれないガチガチボディをゆるっとほぐす新しいストレッチが登場! ストレッチ店「Dr.stretch」のトップトレーナーが考案したストレッチのカギは、伸ばす前に「脱力」すること。そして、ひねりながら伸ばすのもポイントです。ほぐれる効果を実感しやすく、自然とやりたくなるから、どんどん快適なカラダに近づきます。

【動画あり】ぐるっとストレッチ
・ひねるから最高にほぐれる!新ストレッチ【1】 ←今回はココ
・ぐるっとストレッチで、セルフ肩甲骨はがし!【2】
・股関節を調整する、ぐるっとストレッチ【3】
・脚のむくみ、重だるさを解決する、ぐるっとストレッチ【4】
・PC作業が多い人、必見!腕や手首の痛み改善ストレッチ【5】

 「加齢によって慢性化して悪化しやすいのは、首や肩の凝り、腰やひざの痛み、脚のむくみ、それから猫背などの不良姿勢。これらの症状を少しでも取り除いて日常生活を快適に過ごせるようにすることが、老化を遅らせることにつながる」。

 そう話すのは、プロスポーツ選手が受けるような本格的なストレッチで人気の「Dr.stretch」でメニュー開発やトレーナー育成にあたる東山直輝さん。

 しかし、とうが立ったように慢性化した凝りやむくみは、簡単には取り除けない。そこで、東山さんが提案するのは、まず「振る」こと。筋肉を揺らして緊張を取るのが目的で、滞った血流もよくなる。「筋肉が緊張して硬いまま伸ばそうとすると、かえって体が力んで逆効果になることも。振って体を緩めることがストレッチ効果を最大限に上げるコツ」(東山さん)。

ガチガチボディに大切なのは、脱力して筋肉を緩めること
ガチガチボディに大切なのは、脱力して筋肉を緩めること

【OK】緩んでいると深層まで伸びやすい

【NG】緊張したまだと伸びにくい

 筋肉を揺らして血流をよくすると緊張が取れて、深層まで伸びやすい。このプロセスを踏まないと筋肉は伸びにくく、無理に伸ばそうとしてより力んでしまう可能性もある。

 では、次のページから実際のストレッチを紹介していこう。