健康や長寿を語るうえで、忘れてはならないのが腸内細菌。どうしてこんなに注目を集めるようになったのでしょう。消化器内科医で京都府立医科大学の内藤裕二教授に、腸内細菌について教わる連載の第1回です。

 私たちの消化管には、広く微生物がすみ着いている。口にいるのは口腔細菌、胃には胃内細菌、腸にいるのが腸内細菌と呼ばれ、その多くは宿主であるヒトと共生関係を結んでいる。

 なかでも大腸には約40兆個もの腸内細菌がすみ、その菌のバランスがどうやら肥満や糖尿病、うつ、認知症、長寿など、健康や寿命に関わることがわかってきた。そのため、近年では、あらゆる医療分野において腸内細菌の研究が進められるようになってきた。

 この春、京都府立医科大学大学院医学研究科に新たに生体免疫栄養学講座を開設した内藤裕二教授は、腸内細菌がヒトに及ぼす影響について注目する一人。「これからの時代、いかに健康なまま長生きするかを考えるうえで、腸内細菌の研究が不可欠だと考えている」と話す。

京都府立医科大学大学院医学研究科生体免疫栄養学講座の内藤裕二教授。腸内細菌のほか、抗加齢医学にも詳しい。
京都府立医科大学大学院医学研究科生体免疫栄養学講座の内藤裕二教授。腸内細菌のほか、抗加齢医学にも詳しい。

 消化器内科医になった30年ほど前は、腸内細菌研究に関わることなど予想もしていなかったという。

「そのころは、単に最新鋭の内視鏡で消化管の中をのぞいてみたいという思いと、当時増えつつあった胃がんの治療に取り組んでみたいという気持ちで、消化器内科を選択したにすぎませんでした」と振り返る。

 当時、消化器内科では、感染で入ってくるようなサルモネラ菌や病原性大腸菌O-157といった強い毒性を持つ病原菌については研究が行われていたものの、「長く体内にすみ付き、ヒトと共生関係を築いている腸の常在菌が、健康を左右したり、命に関わる病気を引き起こすとは誰も考えてはいなかったと思います」。