多くの日本企業では、マネジメントの方法論が体系化されていない。そのため多くの上司が、自分が受けてきた指導をそのまま部下に対して行い、壁に突き当たるのだという。