1. TOP
  2. スキルアップ
  3. Hello World!コロンビア大学教育大学院 子連れ留学
  4. 「日本人は自分の人生に向き合えていない?」という疑問
Hello World!コロンビア大学教育大学院 子連れ留学

「日本人は自分の人生に向き合えていない?」という疑問

「キャリア」「海外大学院への進学」「出産・子育て」 どの道を選ぶか、悩んで出した答え

Terraceで話題!

0歳の第1子と共に渡米し、コロンビア大学教育大学院へ進学した保倉冴子さん。安定志向だった保倉さんにとって、会社員を辞めることは人生の大きな選択だったと言います。第2回は、学んでいる学問と、それを目指すきっかけについて。そこには保倉さんのキャリア観がひもづいていました。

新卒で入社した企業が合わず、キャリアを見つめ直す

 まさか、会社を辞めて海外大学院に進学するなんて――今、安定志向だった過去の自分ではまったく想像できなかった未来にいます。

 私は新卒で大手企業に入社しました。就職活動では無意識的に「自分が何をしたいのか」より、「安定した環境で働けるか」を重視して選考を受けていました。この考え方は、昔から母が「女性も男性と同じように収入を得て、経済的に自立すべきだ。そのためには、女性が男性と肩を並べられる環境で仕事をしたほうがいい」と、話していたことが脳裏にあったからだと思います。だから私も、男性と同じ待遇かつ、安定した環境で働くことができる大手企業を中心に就職活動をしていました。

 実際に入社した企業は超の付くホワイト企業で、両親や友人からは「とてもいい会社だね」と褒められましたし、自分でもそう思いました。

 入社後は、新製品の開発チームでプロジェクト推進を担当しました。海外企業との打ち合わせをしたり、世の中にない製品を生み出す開発チームと関わったりすることに、とてもやりがいを感じました。

 しかし、しばらく経つと、恵まれた環境のはずなのに、なぜか心がワクワクしないことに気づきました。1日のうち、少なくとも8時間は費やす仕事の内容に、ときめきを持てないことが苦しく感じるようになりました。

 このような気持ちが芽生えた背景には、「自己理解を深められていなかったこと」があります。就職活動の時に行った自己分析では、「人生で成し遂げたいことは何か」「何にときめくのか」「何を大切に生きていきたいのか」「何に価値を感じるのか」など、自分にとって豊かな人生を送るために必要な自分自身についての理解をできていませんでした。自分のコアにある価値観に触れることができないまま、生活の大部分を費やす「働く」ということをスタートしてしまっていたのです。

 この経験は大きな挫折でしたが、後にコロンビア大学教育大学院で「Adult Learning」を学ぶ理由のひとつになります。

関連雑誌・書籍・セミナー

会員登録でクリップやタグの
フォローが可能になります
フォローしているキーワード/タグ
キャンセル