わずかなタイムロスで自宅でのプライベートタイムが大きく削られてしまうことも…(写真はイメージ)