IE11のサポート終了について誌面ビューワーのメンテナンス(12/13)

  1. TOP
  2. 働き方
  3. 軽井沢、移住してみた
  4. 夫婦で軽井沢に移住してみた、決断までの道程と葛藤
軽井沢、移住してみた

夫婦で軽井沢に移住してみた、決断までの道程と葛藤

【新連載】2015年に軽井沢移住した櫻井夫婦。移住を決めるまで、どんな葛藤があった?

Terraceで話題!

リモートワークの普及で地方移住のハードルはグッと低くなりました。中でも移住先として注目されているのが軽井沢。東京から新幹線で約1時間というアクセスの良さや豊かな自然、洗練された街の雰囲気が移住希望者を引きつけます。その軽井沢に、2015年に東京から移住した夫婦がいます。妻の反対、別荘地ならではの難しさ、自然の脅威…楽しいことばかりではありません。それでも今なお、軽井沢に魅せられて住み続けている2人に、移住生活を語ってもらいます。

連載の1回目は櫻井夫妻に「移住した理由と葛藤」を聞きました。

働き過ぎて「本当にこれでいいのか」

日経xwoman編集部(以下――) 2人が移住した2015年は、テレワークもまだ普及しておらず、移住を実行に移す人は今より少なかったはずです。そんな中で、2人が移住を考え始めたきっかけを教えてください。

櫻井泰斗さん(以下、泰斗) 私がワーカホリック気味になり、プライベートの夫婦の時間を大事にできなくなったことがきっかけです。当時はIT系の企業で働いていました。まさに30代前半の働き盛りで、会社も急成長中で勢いがあり、仕事にのめり込んでいました。

 都心の家から職場までタクシーで15分という職住近接の環境で、土日も仕事がしたくて自主的に出勤しているような毎日でした。仕事に没頭しているような状態だったのですが、頭のどこかでは「本当にこれでいいのか」と感じていたのです。「会社を離れたとき、自分には何が残るんだろう」「仕事人ではなく、人として夫婦として、自分たちは幸せなのかな」と。

軽井沢に住んでいる櫻井夫婦
軽井沢に住んでいる櫻井夫婦

櫻井ユウコさん(以下、ユウコ) この頃の泰斗さんは本当に仕事にドップリでしたね。当時は結婚して3年ほどで、2人の生活をつくっていこうという時期なのに、これからどういう人生にしたいか、ライフプランはどうするかなど、大事なことをまったく話せない状態でした。買い物や掃除など、日常の相談もまともにできず、夫婦げんかも多くて。経済的には困っていないけれど、結婚生活の質(QOL)は低いな……と思っていました。

 一方で、私自身も仕事がとても楽しくて、「仕事が楽しければ、とりあえず人生うまくいっている」という思考に陥っていたんです。今振り返れば、それは錯覚だったと思うんですけれど。そんなすれ違いの毎日を送っていたとき、泰斗さんがいきなり、「新幹線通勤したい」と言い出したんです。

関連雑誌・書籍・セミナー

会員登録でクリップやタグの
フォローが可能になります
フォローしているキーワード/タグ
キャンセル