1. TOP
  2. 働き方
  3. 軽井沢、移住してみた
  4. 軽井沢、駅近賃貸に住んでみた 後悔の先に見えたもの
軽井沢、移住してみた

軽井沢、駅近賃貸に住んでみた 後悔の先に見えたもの

賃貸住宅の断熱性、野生動物に追いかけられる…軽井沢移住の洗礼を受ける

Terraceで話題!

「まずは2年間のトライアル、駄目なら東京に戻る」と決めて軽井沢へ移住した櫻井夫妻。土地勘がないまま「東京と同じ感覚」で借りた駅前の賃貸物件での生活は、思わぬ困難に見舞われます。移住1年目の生活について、聞きました。

東京の感覚で選んだ賃貸物件の顛末(てんまつ)

日経xwoman(以下――) 2015年、軽井沢での生活がスタートしました。最初の住まいにはどんな場所を選んだのでしょうか?

櫻井泰斗さん(以下、泰斗) 軽井沢駅から徒歩15分ほどの賃貸住宅です。軽井沢は車社会で、東京のように公共交通機関が発達しているわけではないため、「車は1人1台」が常識。けれども私たちは2年後に東京に帰る可能性もあったため、車など大きな買い物はなるべく最小限にしたいと考えていました。そこで私が仕事でいない間も、ユウコさんが自由に車を使えるように、駅まで徒歩で行けるエリアで家探しをしました。当時は軽井沢の各エリアの違いをいまひとつ把握できていなかったため、「駅から徒歩数分の便利な立地」というような選び方をしました。都市生活の感覚が抜けていなかったのだと思います。

―― 家はどうやって探したのですか?

泰斗 移住直前の2015年1月に下見旅行をしました。軽井沢の不動産屋さんに会い、いくつかの物件を内覧し、私たちの希望を伝えました。東京に戻った後、目星をつけておいた物件に空きが出たという連絡を受け、即契約をしました。

櫻井ユウコさん(以下、ユウコ) 東京の家よりも家賃はやや安く、広さは2倍以上になりました。戸建てだったので、庭や駐車場もありましたし。1DKから3LDKと、広さの面ではだいぶグレードアップしましたね。

軽井沢での賃貸は庭付きの戸建て。それでも家賃は下がった(写真はイメージ)
軽井沢での賃貸は庭付きの戸建て。それでも家賃は下がった(写真はイメージ)

―― 新幹線の駅まで徒歩圏、庭付き一戸建てで家賃は下がって……理想的な環境ですね。

ユウコ ところが、軽井沢の駅前での暮らしには重大な問題がありました。観光シーズンになると、人混みと渋滞がものすごいんです。ゴールデンウイーク(GW)やお盆期間なんて、普段なら車で10分の場所に行くのに、渋滞で1時間半とか2時間かかることもありました。観光シーズンが近づいてくると、事前に買いだめをしておいて、混雑中はずっと家に引き籠もらざるを得ない日もありました。これは、観光地・リゾート地特有の悩みですね。京都、鎌倉、熱海でも同様の話を聞きます。「紫陽花(あじさい)や紅葉の季節の江ノ電は使えない」とかですね。とにかく、日常の生活インフラが使えなくなるので、迂回ルートを探すなど生活するために工夫が必要でした。

観光シーズンの渋滞(櫻井さん提供)
観光シーズンの渋滞(櫻井さん提供)

―― 車で10分が2時間にも……本当にさま変わりしてしまうのですね。

泰斗 そうなんです。そんな悩みがある一方で、やはり自然は豊かで身近でした。

関連雑誌・書籍・セミナー

会員登録でクリップやタグの
フォローが可能になります
フォローしているキーワード/タグ
キャンセル