この連載では、女性のエンパワーメントと経済参画促進のための民間セクターアライアンス「G20 EMPOWER」の共同代表であるアキレス美知子さんと塚原月子さんに、ダイバーシティ経営への取り組み方を伝授してもらいます。今回は「G20 EMPOWERベストプラクティス・プレイブック」で紹介された23カ国167例の中から、トータルコミットメントやハードとソフトの組み合わせでダイバーシティ経営を推進している企業の実例を紹介します。

世界23カ国167の実践例から見えた6つの共通点

塚原月子さん(以下、塚原) 前回 脱・思い込み 女性が管理職になりたがる組織の作り方は、女性活躍推進に関する「思い込み」を自覚することで見えてくる、女性が活躍する組織づくりの考え方についてお話ししました。

 今回からは、G20 EMPOWER が調査した23カ国167例のベストプラクティスから得られた、女性が活躍する組織をつくるために必要な6つの示唆を基に、具体的な取り組みをしている企業を紹介していきます。

「G20 EMPOWER」ベストプラクティスからの6つの示唆
1.トータルコミットメント(全体で責任を持って関わる)
2.ソフトとハードの組み合わせ
3.女性及びすべてのステークホルダーとの対話
4.既存の取り組みの再定義とアップデート
5.着実な測定
6.成果を得るまで粘り強く継続

 今回は、1の「トータルコミットメント」と2の「ソフトとハードの組み合わせ」への取り組みに精力的な企業を紹介します。

トータルコミットメントで給与格差の解消へ:シュナイダーエレクトリック(フランス)

塚原 フランスの電気機器メーカーであるシュナイダーエレクトリックは、ジェンダーによるペイギャップ(給与格差)の解消に力を入れています。さまざまな性差による課題の山積がペイギャップの結果として表れたと考えた同社は、原因を解明することがペイギャップの解消につながるとして、毎年、具体的なKPI(数値目標)を掲げ、実践と見直しを繰り返しています。