この連載では、女性のエンパワーメントと経済参画促進のための民間セクターアライアンス「G20 EMPOWER」の共同代表であるアキレス美知子さんと塚原月子さんに、ダイバーシティ経営への取り組み方を伝授してもらいます。今回は「G20 EMPOWERベストプラクティス・プレイブック」で紹介された23カ国167例の中から、D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)を経営戦略にうまく落とし込みができている企業を紹介します。

女性活躍はゴールではなく経営戦略の手段

塚原月子さん(以下、塚原) 前回(世界基準のD&I実現企業と比べた日本の現状と次の一手)は、G20 EMPOWERが調査した23カ国167例のベストプラクティスから得られた「女性が活躍する組織をつくるために必要な6つの示唆」のうち、「トータルコミットメント(全体で責任を持って関わる)」と「ソフトとハードの組み合わせ」の成果を出している企業の事例を紹介しました。

「G20 EMPOWER」ベストプラクティスからの6つの示唆
1.トータルコミットメント(全体で責任を持って関わる)
2.ソフトとハードの組み合わせ
3.女性およびすべてのステークホルダー(利害関係者)との対話
4.既存の取り組みの再定義とアップデート
5.着実な測定
6.成果を得るまで粘り強く継続

塚原 今回は、「3.女性およびすべてのステークホルダー(利害関係者)との対話」「4.既存の取り組みの再定義とアップデート」について成果を出している企業の事例を紹介します。

 女性活躍のための取り組みは、ゴールではなく経営戦略の手段です。この点を読み間違えて、単に女性管理職の人数を増やしたり育児休暇を制定したりした時点でゴールとしてしまうと、「なんのために女性活躍を推進するのか」「なんで女性ばかり優遇されるのか」「管理職になりたい女性ばかりじゃない」といった不満が出てしまいます。

アキレス美知子さん(以下、アキレス) 日本の人口の約半分は女性であるにもかかわらず、意思決定層のほとんどは男性であることが、そもそも不自然です。意思決定に女性をはじめ、より多様な視点を加えるだけで、経営のさまざまなポイントに幅広いアイデアや戦略が生まれます。

 日本では、経営とD&Iの目標を別にして設定する企業が多いです。でも、グローバル企業を見てみると、経営戦略の中にD&Iを組み込んでいるケースが多く、実際に経営によい影響が出ています。日本でもSDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)など非財務情報が重視され、ステークホルダー資本主義を掲げる企業が増えている状況で、D&Iを戦略の土台に埋め込むことが求められます。